Test Test Test

   来る2022年は日本の鉄道開設150年の記念すべき年になると思われる。これに先立って、

今年から鉄道開設とその後の発展に関わる明治期の文書類を探査して、当時の政府が如何に鉄道建設を方向付け実践させていったかを、「所蔵資料ガイド」として試みてみたいと考えている。 当時の鉄道開設をめぐる外国との交渉経緯、開設実施に至る経緯、明治政府の考え方、鉄道路線の設定・工事・費用などについて、また開設式の社会的インパクトについても触れる考えである。

 ++++++++++

資料ガイド予定題名「明治鉄道開設関連文書と背景」

常設展示にある「新橋横浜間鉄道之図」を軸として、予定では、日本初の鉄鉄道開業への経過、同開業式などに関わる公文書館内の文書、関連文書などを参照しつつ紹介したいと考えている。

 まず、ガイドでは「日本鉄道史」(鉄道省刊)を手がかりとして、日本で初め鉄道を開設するに至った政治過程、路線決定、測量、用地買収、工事開始などを「明治鉄道関係公文書」に依拠して解説。また、明治5年の「開業式」の模様を文書類により紹介する予定。

AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA

 

SSSSSSSSSS
AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中