PPPPPPPPPPPP TEST TEST TEST

Asia Asia

WWWWWWWWWWWWWWWWWWW

日本国憲法の制定過程は大きく二つの段階に分けられる。第一段階は、1945(昭和20)年8 月14 日のポツダム宣言の受諾以降、1946 年2 月13 日に総司令部(マッカーサー最高司令官)からいわゆるマッカーサー草案を手渡されるまでの経緯であり、この段階では、日本政府の独自の草案作成が進められた。
第二段階は、日本政府にとっては革命的とも言える変革を要求するマッカーサー草案を受諾するかしないかという形で、総司令部との関係で制定過程が推移していくそれ以降の経緯である。
また、憲法制定後の第三段階として、連合国軍側が日本政府に対し、憲法施行後1、2 年以内の憲法改正の検討を提案し、憲法改正の国民投票も容認する旨を伝えたものの、日本国内においては憲法改正の検討は進まなかったという経緯がある。

aaaaaaaaaaaaaa

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中